目的にあったものを選ぶ|学校選びの重要性|医療事務講座で資格取得する

学校選びの重要性|医療事務講座で資格取得する

男女

目的にあったものを選ぶ

動物たち

種類

動物にかかわる職業は多く、その仕事に必要とされる資格も数多くあり、難易度も様々です。動物園や水族館で働く場合、獣医師や学芸員といった国家資格が有利になります。獣医師は飼育員として働けますし、学芸員は動物や魚の生態について、来園者に解説する仕事ができます。それ以外にも、動物関連施設なら、愛玩動物飼養管理士の資格が役立ちますし、水族館なら潜水士やスキューバダイビングのライセンスが役立ちます。また、ペットに関係する資格は多く、特に民間資格の種類は豊富で、ペットの医療や健康、しつけなどの目的に応じて選べます。さらに取得方法も専門学校だけではなく、通信講座で取得できるものもありますので、自分の生活環境に合わせて受講できます。

内容はしっかりと確認

民間資格は様々な団体や学校が認定しているため、名称だけでは違いが分からない場合も多いです。例えば、トリマーの資格としては、「JKC公認トリマー」「JDA公認トリマー」「ペット・グルーミング・スペシャリスト」など数多く存在します。トリマーではJKC公認トリマーが有名ですが、就職などで明確な有利・不利はありません。このような場合には、講義内容や実際に受講した経験ある人の口コミなどを確認して、自分に合うものを調べてみるのも大切です。民間資格は比較的簡単に取得できるものから、認定動物看護師のように、公的資格への格上げが検討されているものまで様々あります。就職のために資格を取得するだけではなく、自分の飼育するペットのために取得するなど、多くの人が気軽にチャレンジできるため人気があります。